2015年04月28日

新歓サバゲ2015@TRENCH


2015年新歓ゲームです!
新入生の中でも日程が合わず来れなかった方は次回にご参加ください。
幽霊部員も多いですが新歓ゲーム参加者は40人と非常に大勢の方が参加しました。
場所はいつものTRENCHさんを貸し切りました。
長くなるので追記します。

  続きを読む
Posted by KUMA at 19:00Comments(2)サバゲー

2015年04月20日

銃の取り扱い

常にセーフティ
◯保管状態、移動中、戦闘中いかなる時でもセーフティを心がけよう!

・保管時はパワーソース(電動ガンはバッテリー、ガスガンはガス)を抜き銃にはセーフティを掛けておきましょう。突然の暴発、バッテリーの炎上などを避けるためです。電動ガンは特に取り扱いには注意!バッテリーをつけた瞬間に暴発したり、バッテリーをつけっぱなしで炎上など事故になる危険性があります。
 
・フィールドへの移動中は専用のガンケースに仕舞い、銃の露出は避けましょう。もちろんバッテリーやマガジンを挿した状態はいけません。

・戦闘中は常にセーフティを解除している人が多いと思いますが、誤射などを避けるために撃つ時以外はセーフティを掛けよう。

・ゲームが始まる前のゴーグルチェックが終わるまでセーフティを解除せずマガジンも外しておきましょう。

・セーフティゾーンでは必ずマガジンを外して置きます。ゲーム終了後セーフティゾーンに入る際はチャンバー内の残弾を処理しセーフティを掛けましょう。※ハンドガンなどセカンダリの処理は忘れやすいので注意しましょう。

マズルコントロール
 銃口を人に向けるのはゲーム中撃つ時だけです。接敵時以外は出来るだけ銃口を下に向けましょう。フレンドリー・ファイアを避ける上でも重要な事です。
 銃を携行する場合は銃口を人の居ない方向、上もしくは下に向けましょう。またグリップだけで銃を保持したりするのは避けましょう。銃の破損や暴発の危険性もあります。脇でストックを挟んだりリアクションハンドを銃に添えましょう。スリングを銃に付ければ楽になりいいかもしれません。


電動ガン暴発の事例
プレイ中、撃っている時いきなり銃がフルオートで作動するという事件です。
使用バッテリーはリポなどの高出力バッテリーでメカボックス内のスイッチ焼け焦げを起こしてしまう場合があります。
原因としてはバッテリーの手入れが雑、配線などパーツが高出力バッテリーの水準を満たしていない、半田作業が雑など考えられます。
暴発し始めると次に煙が出始めます。モーターや配線は素手では触れることも出来ないくらい熱くなります。もしフィールドでそうなった時はすぐにマガジンを外しバッテリーを取り出します。工具が無ければバッテリーを取り出せない銃があるのでポーチなどで工具を携帯しましょう。バッテリーはもちろん配線は非常に暑いのでグローブもしておきましょう。プレイする際に手をついたりBB弾で爪が割れてしまっても行けないのでグローブはあったほうがいいです。



先日ガスガンでの引火と電動ガンの暴発が映っている動画です。
  
Posted by KUMA at 16:42Comments(1)道しるべ

2015年04月18日

フットウェア

 サバイバルゲームフィールは足場も悪いところがあるのでフットウェア選びは重要ですね。
ということで今回はフットウェアの種類を紹介しようと思います。
ブーツは安物から高価なものまでピンからキリです。安いからと買ってしまって1~2回で壊れてしまっては意味がありません。レプリカは控えて正規品をオススメします。信頼のあるメーカー、買う時は店舗で実際に足を合わせてみるなど慎重に行きましょう。
 大阪で実際に見て買うと慣ればファーストさん、S&Grafさん、ウィリーピートさん、他登山用品店さんがいいと思います。
 低価格帯(7000円)ではライラクスのタクティカルブーツか登山用靴やトレッキングシューズがおすすめです。

・ジャングルブーツ

 ベトナム戦争(1965~1975)の時に軍隊用に開発されたジャングルブーツは、通気性が良く、中に水が溜まらないようになっている等、高温多湿のジャングル戦での使用に適しているブーツです。ジャングルブーツは、全て革で作られているブーツと違い、革とキャンバスで作られている為、軽量で脱ぎ履きしやすくなっており、ソールパターンは、ぬかるんだ地面でも歩きやすい形状になっているのが特徴です。
 ソールの形状は、中期型がビフラム。後期型がビフラムよりも泥や砂利が詰まり難いパナマソールです。

・コンバットブーツ
 軍隊や警察の特殊部隊などがオールラウンドでの使用を想定して作られた軍用ブーツです。オールラウンドに使用するため、撥水性のある素材で頑丈に作られ、ソールはグリップ力の強い分厚いビフラムソールが主に使われている重いブーツ。

 -デザートブーツ


 コンバットブーツの中でも乾燥地帯に特化した作りのブーツ。素材はスエード×ナイロンのコンビで、つま先にスチールが入っている物やナイロン補強が無い物等複数のモデルが存在します。湾岸戦争(1991)辺りから官給され始めソマリア、アフガンを経てイラク、現在も使用されています。
 最近ではソールはパナマからVibramに変更され、リップソールの物も合わせて使用されているようです。

 -タクティカルブーツ

 コンバットブーツの中でも市街地を想定して作られたブーツ。警察や軍の特殊部隊の市街戦を想定して作られたブーツで、建物の床での滑り難さ、素早い動きを可能にする軽さと、着脱しやすさを求めて作られたもの。物によっては足の内側はラペリング時の摩耗を防ぐため強化されている。


・トレッキングシューズ

 軽登山靴 - 無雪期に軽い荷物で歩くのに向いた靴で、底が軟らかくて軽い。履き口が高く足首まで保護されている方が、足首を捻りにくく、傷めてしまったときの影響が少ない。上記のブーツは大型でフィールドで履き替えたい人にとっては荷物になってしまいます、トレッキングシューズであれば普段履きでも違和感がないかと思います。

◯メーカー
マムート、メレル、アゾロ、バスク、キーン、パタゴニア、ローバー、ハンワグ、ダナー、ベイツ、クリスピー、オークリー、5.11、セスラーなどなど

※T◯CのSawThoothっぽい何かを買ったことがあるんですがソールはスグに剥がれてしまいます。剥がれるたびに接着剤で補強していますがダメです。
※R◯T◯C◯のジャングルブーツはどこでもよく見かけます。3000円ほどでサバゲ初めに買う人が多い様ですが1ゲームでソールが剥がれたなどいい評判を全く聞きません。  
Posted by KUMA at 22:50Comments(0)道しるべ